ゴムボート

ドデカミン

NIKE

自分が現実逃避している度におい、かかってこいよは更新される。ていうかおい、かかってこいよってブログタイトルってすごくいい。

今回ペンタブの筆圧調整がうまくいかなくて発狂したんで文字書いてます。

 

f:id:araihama:20161009050721p:plain

 

ナイキのあのシュッとしたブーメランみたいなロゴで有名な話ありますよね。

サモトラケのニケをイメージしてデザインした」ってやつ。

おれは判る。おれもそういう奴だから。1000パー嘘ですよ。

なんかサモトラケのニケの像見てたら着想を得たみたいな言い方してますけど、その逆やろ。絶対ロゴデザインが出来上がってから格式ある引用元を探したってやつですよあれは。

深淵さ、高尚さといった付加価値を貼っつけるための引用元の後付けみたいなのってやる奴居るよなって思います。

自分語りが好きな奴が、過去のトラウマを披瀝することによって人としての厚みを誇示、同情の呼び込みによって賛同者を得るみたいな。トラウマを語れてる時点でそれはトラウマではないんですが。

成功者的な人が、その成功の契機となったターニングポイントをあそこだったとピンポイントに指定できるような、あの苦労があったからだ、とそこだけに絞って語れるみたいなその違和感。

たまたま自分に回ってきた幸福のそれを自分のこの実力で手に入れたってことにしたい気持ちはわかるんですが、自分の運の良さ、「たまたま」ってやつにもうちょい謙虚になれよって思っちゃうんすよね。

適当にシュッとやってベターって塗ったらうっかりナイキのロゴがジャーンってできちゃったテヘ結果オーライ☆でええやんけそっちのほうが素直。

今まで背中の傷を訊ねられる度に、仲間を凶暴なゴ-レムから庇った時にできたものと武勇伝のように語ってきたが、実際は、真っ赤になるまで熱せられたおたまを当てられた時に出来た火傷であるとちゃんと素直に言っていきたい。

 

さようなら

広告を非表示にする