ゴムボート

ドデカミン

名句

J-WAVEでやってたロケットマンショーにJapaneseStandardというニッチなあるあるを送るコーナーがあって、だれの投稿か忘れたけど大名作があって、今自分はどこに向かってるんだと自問する時それをたまに思い出す。これを目指さねばと。

「バスの中で倒れた傘はうるさい」

凄まじい他愛なさ。これを初めてラジオから聴いた時、まじでほんと、「そういうこと」なんだよな~~~~~~って唸った。

そのあるあるに感動したのは勿論、そんな他愛ない瞬間をとっておきのものとして覚えてて、しかもクリアに明言化させた投稿者のあなたとあなたにまつわる様々に感謝をした。つぶさにその他愛なさを選んで喜んだあなたへ共感を送った。

「バスの中で倒れた傘はうるさい」たぶんこういう文句。

具体的にこんな出来事に遭遇した記憶はないが、なぜか五感に突き刺さるほどの追体験をせまる名句。もう発明。

ロケットマンショーのスタジオ観覧の抽選に当たった事があって、放送中ずっと緊張で腹が鳴ってって、隣のおなじく抽選に当たった知らない女の人に「めっちゃ鳴ってますね」と言われるほどだった。

その日の放送はかぶっちゃ駄目よ選手権というやつで、0~100までの数字の中でひとつだけ選んで、その選んだ数字が自分以外に居なかったらなにかグッズを貰えるというもの。おれは7を選んでちゃんとかぶった。

 

f:id:araihama:20171014181538p:plain

さようなら

 

 

広告を非表示にする

心掛け

おれは挫折をしたことがない、挑戦したことがないから。努力もしたことがない。努力とまではいかない心掛け、自分ルールのようなものは毎日欠かさずにやっている。

会話の中で、間つなぎのためだけの軽薄で思慮のない常套句や相槌を使わない、ってのをやっている。

「なるほどね」「考えさせられますね」「間違いないっすね」「まあ人それぞれですよね」「忙しいときってめっちゃ忙しいですよね」「暇な時はめっちゃ暇なんですけどね」

人に耳くそを貯めさせるだけのこれら意味もない音声の分際を言ってしまうぐらいなら、いままでの会話の脈絡を壊し「オルガンって電気いらないんすよ」「8人でやるオセロ面白いですな」と戯言をいったり「ぴいぷぴいぴいぷう」「マリカー」とかの奇声を放ったほうがマシだ。

 

昔母が友人を家に招いて談笑していたら聞こえてきてしまった常套句がある。

「寝とったらかわいんやけどねえ」それは弟についてのことで、その言葉がその当時のおれにはショックだった。それが取り留めないただの間つなぎのブリッジだなんて当時知る由もないおれは密かに心を痛めた「起きとるときはかわいないんかそうかそう思っとったんか」

 

いまだに軽薄で内容のないテンプレートを使わないように心掛けている。

しかしアドリブ力のない人間なので、常套句が浮かびそうになると、用事を思い出したみたいに立ち去るか押し黙るかへらへらするかしかできてないので、厳格な自分ルールのおかげで誰とも会話ができなくなった。だって常套句は間つなぎにめちゃんこ便利だから。「まあ時間が解決してくれるでしょう」

 

f:id:araihama:20171007100637p:plain

さようなら

 

広告を非表示にする

金田

我が愛猫、未だ2歳の少年。すこぶる存命してんのに動物病院内で寿命で命尽きたところ抱きかかえている、っていういずれやって来てしまう未来を思い泣いてしまうってのは猫飼ってる奴あるあるなのか。
そういった悲壮のフライングをしょっちゅうやってしまってたのですが、先日その段を越え次のステージへ。
愛猫を亡くしてから一年後(一年が限界)喪失を抱きかかえたまま日々を暮らしていた最中に突然、あの愛猫とまったく同じ模様の子猫が現れて、というのを想像してたら涙がもりもり出てってのがあって、生きてるすくすく健康キャットを抱っこしたまま死ぬなって呼んだ。これも猫飼ってる奴あるあるなのでしょう。
次回は人をやらんから同じ母から生まれて双子で生まれてこようなってのを伝えてあるが了承したのかどうか。

f:id:araihama:20170930052336p:plain

おれは絵がうまい

さようなら

 

広告を非表示にする

カップ麺

今日買ったカップ麺のタレの袋、なんにも書いて無くて怖かった。

 

f:id:araihama:20170929042219j:plain

f:id:araihama:20170929042227j:plain

 

Netflixで一番面白いやつ3つおしえます

世界ふれあい街歩きナイトクローラーとメガマインドです。

たぶんアマゾンプライムでもフールーでも見れます

 

 

さようなら

 

 

広告を非表示にする

夢にそういうところがある

 

トランクも閉まりきってないほど荷物ガチ詰めで、ルーフの上にも四角いカバンを二三個載せたタクシーが、パトカーに停められて職質を受けているという光景を今朝夢の中で見たんですが、夢の中でもその光景について

「荷物をあんなにも載せたタクシーも珍しいが、タクシーがパトカーに停められてんのも珍しいなあ」って通常の感想を抱いていて、目覚めてから、そういえば夢の中でのさっきのおれ、目覚めてるときの現実の尺度で光景を眺めてたな。って思ったらなんか夢見損だなって思った。

夢のなかの夢ならではの酔狂な自分であればなんとも思わずスルーしてるものだというのがあった。といっても明晰夢ではなかった。

 

引っ越す時に荷物になるなあと思ってた自転車と、ミキサーをネパール人が貰ってくれることになった、という夢をみたことがある。

その自転車が今使ってるママチャリより2代前の盗まれたママチャリだったけど、そこについての気づきとかなくて、そしてミキサーはそもそも持ってはいない。

その夢の中にいたとき「このチャリ2代前の盗まれたやつやん」なんて気づきも感慨もなくて、夢の中では夢の中の常識があってその常識を常識と意識することもなしに素っ気なさすぎるほどそれとなく立ち回って、目覚めたときに、そういえば、って思い出す。そもそもミキサー持ってないしとか。

小学生時分の友人と高校生時分の友人が相まみえてて、そこに居合わせる夢の中の自分は別になんとも思ってないけど、目覚めた時にはじめて、あいつとあいつって接点あったっけ?ってなる。ない。

ふざけてる奴を見た時に使える例えツッコミ

「茄子背負った蛸ぐらいふざけとるな」ってのを夢の中で思い付いて、夢の中でこれは凄い、おれは天才。って夢中ならではの酔狂で自画自賛をして、目覚めてすぐにメモったんですが、どう考えても例えになってないしなぜこれを喜んでいたのかもわからない。

 

f:id:araihama:20170924005032p:plain

こういう気持ち悪いバラバラ死体があって、胴体の上にだけ布のようなものが浮いていて、それがなぜそうなってるのかを、しっかり説明してくれる人がおれのそばに居て、その説明を聞いてたら、ちゃんと気持ちいいほど合点がいったという夢を見たんですが。

その夢の中での納得は、あくまで夢の中においてのみの整合性で現実では千パーまかり通らないやつ。ってのは目覚めてから気付くんですよね。あのスッキリするほどの合点がいった感じのやつが嘘だったときの虚無感たるや。あれのことを空悟り(からざとり)と名付けます。普通にいい命名だと思う。

さようなら

 

 

 

 

 

ロックマン

ロックバスターの装着を拒んでました

 

f:id:araihama:20170919220157g:plain

f:id:araihama:20170919221203g:plain

f:id:araihama:20170919225247j:plain

f:id:araihama:20170919225320j:plain

乾いてないロックマン

 

ロックマンってどっちの腕がああなってたっけって画像検索したら、どっちがとかの頓着はしてないみたいですね

 

さようなら

広告を非表示にする

表現力

シャイを美徳とすら感じてる奴あるあるです。

Amazonで注文した商品、日時も時刻も指定して、それどおりにクロネコヤマトが持って来きてくれたときに「あれ、こんなの注文したっけな」みたいな風情込めたキョトン顔をつくったままサインしちゃうやつ、あれってなんなんですかね自分のことながら気持ちが悪い。

ヤッター!来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ!おれがチューモンした珪藻土バスマットが来たぞ~~~~~!!!!!!って喜べばいいのに

コンビニでたまにやってる700円で一回くじ引けるやつ、あれ好きなんですけど、なんかお菓子とかスプライトとか当たった時「そうでもねーけど貰っといてやるか」みたいな嬉しいくせに無常顔つくって平静かましちゃうやつも自分の事ながら気持ち悪い。

ヤッターヤッタヤッター!当たった当たった当たったぞ~~~~~~~ライフガードが当たったぞ~~~~~らっき~~~~~~!ってやればいいのにバカが。自分に正直になれ、おれは無理

f:id:araihama:20170916045807p:plain

さようなら

広告を非表示にする