ゴムボート

ドデカミン

夢にそういうところがある

 

トランクも閉まりきってないほど荷物ガチ詰めで、ルーフの上にも四角いカバンを二三個載せたタクシーが、パトカーに停められて職質を受けているという光景を今朝夢の中で見たんですが、夢の中でもその光景について

「荷物をあんなにも載せたタクシーも珍しいが、タクシーがパトカーに停められてんのも珍しいなあ」って通常の感想を抱いていて、目覚めてから、そういえば夢の中でのさっきのおれ、目覚めてるときの現実の尺度で光景を眺めてたな。って思ったらなんか夢見損だなって思った。

夢のなかの夢ならではの酔狂な自分であればなんとも思わずスルーしてるものだというのがあった。といっても明晰夢ではなかった。

 

引っ越す時に荷物になるなあと思ってた自転車と、ミキサーをネパール人が貰ってくれることになった、という夢をみたことがある。

その自転車が今使ってるママチャリより2代前の盗まれたママチャリだったけど、そこについての気づきとかなくて、そしてミキサーはそもそも持ってはいない。

その夢の中にいたとき「このチャリ2代前の盗まれたやつやん」なんて気づきも感慨もなくて、夢の中では夢の中の常識があってその常識を常識と意識することもなしに素っ気なさすぎるほどそれとなく立ち回って、目覚めたときに、そういえば、って思い出す。そもそもミキサー持ってないしとか。

小学生時分の友人と高校生時分の友人が相まみえてて、そこに居合わせる夢の中の自分は別になんとも思ってないけど、目覚めた時にはじめて、あいつとあいつって接点あったっけ?ってなる。ない。

ふざけてる奴を見た時に使える例えツッコミ

「茄子背負った蛸ぐらいふざけとるな」ってのを夢の中で思い付いて、夢の中でこれは凄い、おれは天才。って夢中ならではの酔狂で自画自賛をして、目覚めてすぐにメモったんですが、どう考えても例えになってないしなぜこれを喜んでいたのかもわからない。

 

f:id:araihama:20170924005032p:plain

こういう気持ち悪いバラバラ死体があって、胴体の上にだけ布のようなものが浮いていて、それがなぜそうなってるのかを、しっかり説明してくれる人がおれのそばに居て、その説明を聞いてたら、ちゃんと気持ちいいほど合点がいったという夢を見たんですが。

その夢の中での納得は、あくまで夢の中においてのみの整合性で現実では千パーまかり通らないやつ。ってのは目覚めてから気付くんですよね。あのスッキリするほどの合点がいった感じのやつが嘘だったときの虚無感たるや。あれのことを空悟り(からざとり)と名付けます。普通にいい命名だと思う。

さようなら

 

 

 

 

 

ロックマン

ロックバスターの装着を拒んでました

 

f:id:araihama:20170919220157g:plain

f:id:araihama:20170919221203g:plain

f:id:araihama:20170919225247j:plain

f:id:araihama:20170919225320j:plain

乾いてないロックマン

 

ロックマンってどっちの腕がああなってたっけって画像検索したら、どっちがとかの頓着はしてないみたいですね

 

さようなら

広告を非表示にする

表現力

シャイを美徳とすら感じてる奴あるあるです。

Amazonで注文した商品、日時も時刻も指定して、それどおりにクロネコヤマトが持って来きてくれたときに「あれ、こんなの注文したっけな」みたいな風情込めたキョトン顔をつくったままサインしちゃうやつ、あれってなんなんですかね自分のことながら気持ちが悪い。

ヤッター!来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ来たぞ!おれがチューモンした珪藻土バスマットが来たぞ~~~~~!!!!!!って喜べばいいのに

コンビニでたまにやってる700円で一回くじ引けるやつ、あれ好きなんですけど、なんかお菓子とかスプライトとか当たった時「そうでもねーけど貰っといてやるか」みたいな嬉しいくせに無常顔つくって平静かましちゃうやつも自分の事ながら気持ち悪い。

ヤッターヤッタヤッター!当たった当たった当たったぞ~~~~~~~ライフガードが当たったぞ~~~~~らっき~~~~~~!ってやればいいのにバカが。自分に正直になれ、おれは無理

f:id:araihama:20170916045807p:plain

さようなら

広告を非表示にする

AI

 

小卒なんで直筆で用紙へ、右舷とか製麺所とか痙攣とかの微妙にむずかしい文字を書くことが出来ないんですがパソコンでこうやって打ってるんでそのチョク書き出来やしないのに平気で賢いパソコンがサジェストしてくれた通りにちょいムズ漢字を執着なしに出しちゃってるんですが、

さすがに「顰蹙を買う」とかを出してみたいときは、しぶってしまう。だってひんしゅくを変換したら悪いカニ2匹みたいなのが出るとも思わなかったし、はじめてこんな漢字見たし、こういうのを出したら、書けねーだろって背伸びがバレる。書けれもしねえ漢字をパソコンの変換機能使ってのうのうと出すのは反則なんて決まりは無いが、血管に詰まった自意識の煮凝りがそう咎めてくる。

無変換の平仮名のままで出してみようと思うも、そうするぐらいなら類語検索して同義な言葉を探したりして、結局おれは自分からはなにも絞り出してないなって、勝手に虚脱に落ちないですか?

近い未来人間の仕事はすべてAIに奪われるみたいなのありますけど、自分自身においてはもう奪われてると感じる。し、それでいいとも思う。記憶の分野ではもう人間は完全に負けてるけど、創造性の分野もあっという間に凌駕されて、人間はAIがたまに出すバグをあげつらったり、そのバグを究極的な自然と崇めたりするぐらいしか仕事がなくなるんや

f:id:araihama:20170914055844p:plain

さようなら

広告を非表示にする

塾の思い出

小学生の頃スイミング教室の無料体験に連れて行かれ、その日のバタ足練習のときにコーチのお兄さんに「なにやってんの?」の言われた事があって、あんたに言われるがままにバタ足をやっただけなのに、「なにやってんの?」なんて無粋なことを言われたんなら、もう行かねーし水泳はKUSOカスと決定させたことをさっき思い出した。

同じ頃、学研のおばちゃんのとこに通ってて、そのおばちゃんちの玄関にいる雑種犬はあきらめられた犬なので落書きが許可されており、生徒らによって顔に太眉は勿論、睫毛やヒゲなども実際よりも多く書き足されていた。薄くなってきたらまた誰かが同じ場所をなぞっていたので永久にそういう顔の犬として生きていた。

 

さようなら

広告を非表示にする

多頭飼い

 

猫のひっかきキズから次のシーンへ移行するのが無茶苦茶カッコイイです。


さようなら

広告を非表示にする

水没したトイレットペーパー

水没したトイレットペーパーです。

f:id:araihama:20170826163527p:plain

完全に乾かしてから使ってみると麻布ぐらい硬さがあります。