読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴムボート

ドデカミン

未来の不良たちへ

 白コーン届きました。

f:id:araihama:20161008214043j:plain

昔から欲しかったんです。白いコーン。

美術館や、オシャレなカフェ、美容室の軒先になぜか置かれてある白コーンを見るたびにカッケーと思ってました。

 

 

f:id:araihama:20161008214531j:plain

こうやって透けた膜に包まれた状態でやって来るんですね白コーンって。

f:id:araihama:20161008215808j:plain

膜をさっそく剥いでみました。非常に美しく、聖堂のように荘厳な佇まいです。ビニールのことを膜

 

 

f:id:araihama:20161008221120g:plain

やはり重しのゴムも買っておいてよかったです。この重しのゴムが装着されていることによってメリハリがつきます。

 

f:id:araihama:20161008223131j:plain

しかし、先端部分に、プラモデルで言うところのゲートのようなささくれ立った部分が。それに、側面は艶のないマットな質感なのに対して、先端の半球だけがご覧の通りにテカっていたので、紙やすりやカッターなどを使って加工することにしました。

 

f:id:araihama:20161008224006j:plain

テカリを紙やすりで落とした事によって全体の質感が統一されました。

 

 

思い起こせば、これが、ちょっとした脱線の始まりだったのかもしれません。

 

僕はこの先端の加工をきっかけに

「もっと修復したい」「もっとカスタマイズしたい」「俺色に染めたい」という屈折した欲望が漲ってきました。

f:id:araihama:20161008225253j:plain

 白コーンが届いて浮かれたその日の夜は、まだよかったんです。

 

 

f:id:araihama:20161008225733j:plain

関節照明にしたり。

 

f:id:araihama:20161008225935g:plain

その間接照明を外に出してやったり。

 

f:id:araihama:20161008231125g:plain

どう着こなせばいいのかわからなかったエッジの効いた服を羽織らせてやったり

 

それはとても神秘的な光景でした。

 

 翌日になっても「白コーン、カスタマイズしたい欲」に駆られていた僕は、ついに

あいつみたいにかっこよくカスタマイズしてやるからな」と白コーンへ語りかけていました。「あいつ」とは・・・

 

 

f:id:araihama:20161008231818j:plain

こいつです。近所にある、偏執的にカスタマイズされた異形のコーンです。もはや工業製品がまとう匿名性の高いデザインなど抹消され、キャラ立ちしまくった自我強きコーン。

このしなりからして、本当にコーンなのか?と疑ってしまいますが、おそらくコーンです。

f:id:araihama:20161008234850j:plain

異形のコーンの等間隔隣に、製作者が同じと思われるコーンがあったので、異形のコーンが元来コーンではなかったとしても世間一般のコーンと同じ役割を任さられたことに間違いは無さそうです。なので異形ですがコーンと呼んで差し支えないでしょう。

 

f:id:araihama:20161008233804j:plain

この虎柄テープの警告色と、垂れてはいるもののかろうじての円錐形が、コーンたる所以を補完しています。また、何から何を守っているのかが不明なのがとても魅力的です。

このコーンを作り上げた製作者は「作品を作り上げるぞ」といった作為をおそらく込めていません。あくまでコーン然とした、コーンの体を成したコーンの役割だけを持つ造形物を一心に作ったと思われます。

それ故に無垢。無垢故に非常に粗暴な造形物だと感じました。

これは野生のコーン。野生のオブジェです。

僕は、この異形のコーンには勿論到底及びませんが、これを目標としたすんげえかっけえ半端ねえコーンを作り上げたいと思ったのです。

 

 

 

f:id:araihama:20161009002252j:plain

気づけば僕は、かっけえコーンの制作に着手していました。

 

f:id:araihama:20161009002907j:plain

どこに貼ろうか迷ったまま、抽斗の肥やしとなっていたビックリマンシールや、ラジオでメールが読まれたときにもらったノベルティのステッカーを貼り付け。

 

f:id:araihama:20161009004702j:plain

シールが無くなってきたら雑誌の切り抜きなどを貼り付け。

 

f:id:araihama:20161009005138j:plain

それでも空いた余白には、いつも心の支えとなっている大切な言葉などを書き込みました。

 

 

f:id:araihama:20161009013727j:plain

素晴らしき白コーンのそばにだけ現れる、白コーンの精霊が製作途中に現れたとき、これはいいものが出来ると確信しました。

そして完成しました。

 

f:id:araihama:20161009005617g:plain

めちゃんこかっこいいです。

僕はこの白コーンに「未来の不良」と名付けました。 

 

この完成をきっかけに、我に返った僕は、本来の目的「なぜコーンを買ったのか」を思い出します。

 

 

そうや、白コーンでねこちゃんの流入をせき止めんと。

f:id:araihama:20161009014831j:plain

 かねてより、僕の棲まうボロ小屋の庭は、数多のねこちゃんたちの通り道となっていました。

f:id:araihama:20161009024209j:plain

愛らしいので構わずにいたのですが、庭につながる戸を開けていたら、闖入してはダニをふるい落とし、ティッシュを噛みちぎったり、しこたまデカイ蛾やヤモリを運んできたりと好き放題を頻繁にされちゃったので、このねこちゃんの流入ををせき止めるために、白コーンを買ったのです。

 

f:id:araihama:20161009030747j:plain

一応ありあわせのレンガや発泡スチロールでせき止めてはいたのですが

f:id:araihama:20161009024812j:plain

余らした上部の空きから、大きなねこちゃんだけは止めどなく流れてきていました。

 

そこで、完成した「未来の不良」を投入することにしました。

 

f:id:araihama:20161009034411j:plain

未来の不良を

f:id:araihama:20161009034505j:plain

ここに、こう、設置するよりか

f:id:araihama:20161009035237j:plain

上部の空きに、こう、刺すのが賢明なのですが、それじゃあ色々削ったり貼り付けたりのカスタマイズをして「未来の不良」に仕立てた意味がないので「未来の不良」変身をさせます。

 

 

 

 

 

f:id:araihama:20161009035836j:plain

未来の不良~アルティメットフォーム~」です。

未来の不良感、ここに極まれり。

 

f:id:araihama:20161009040243j:plain

 ここに、こう、置きましょう。こうなりゃもはやカカシですがね、未来の不良アルティメットフォームの威圧感に気圧され、ねこちゃんたちはすごすごと去っていくでしょう。後ろ姿ですらこんなに気迫に満ちているのですから。

 

 

 

 

f:id:araihama:20161009041321j:plain

あらら

f:id:araihama:20161009040719j:plain

 

 

 

僕が買った白コーン310円でした。ゴムの重しは285円。

めちゃんこ安いのでもう一本買って反対側のねこちゃんの通り道にも設置します。f:id:araihama:20161012074547p:plain

 コーンを複数個購入し屋外の要所に設置すれば、ねこちゃんの流入を防げますが、室内の各所にコーンを点在させておけば、今までの生活には存在しなかった動線を発生させることが出来るため、移動距離が増え、結果的にダイエットに繋がるので屋内設置も検討してみるのもいいでしょう。

さらに、コーンを室内置いておくとコーン表面に漂う静電気によって陰毛を吸着してくれるので、室内美化に一役買ってくれます。

 

f:id:araihama:20161009041558j:plain

 あと、開封したてのゴムの重しはめちゃんこゴム臭いので屋外に暫く出しておいたりした方がいいと思います。

ゴムの重しを室内に置いたまま眠っていたら、トラックの下に頭を突っ込む夢を見てしまったぐらいにくせえです。

一応タオルで拭いてみましたがくせえままでした。

 

f:id:araihama:20161009041825j:plain

さようなら。

 

 

 

広告を非表示にする